仮庵

書きとめる仮住まい

Scrapboxに勉強記録を残す。

数日、こんなことをやっております。気まぐれです。

 

パソコンで作業をする、ということが数年前からガクッと減っている現状。できることなら多くのことは手元のiPhoneで解決したい。これぞスマホ依存。間違ってないスマホの使い方。

 

現在はPythonで長いコードを書くわけでなく、変数やら関数やらリストやらとファーストステップを踏みしめている状態なので、スマホに無料のIDEをインストールして結果を確認しています。一通り家事をやっつけて、子どもが寝てから腰を落ち着けて長いコードを書くのにiMacを立ち上げる。といった感じ。

 

(ちなみに、これ。)

Python3IDE

Python3IDE

  • Wang Lingling
  • 仕事効率化
  • 無料

 

勉強をはじめると決めた瞬間に問題として浮かんだのは、確認したコード、それに付随する所感や疑問を残す場所をどうするか? でした。

 

基本はスマホで記録することがおおいが、パソコンで勉強をする際も記録するであろう。となると、記録する場所は一箇所がよく、クラウドにお世話になるのが便利。

できることなら、コードがコードとして表示されるたらいい。個人的なwiki的なもの? ブログ?

 

ただ、ブログに書くにはまだ言語のコアを知らなすぎます。というか、プログラミングの基礎もない。

こういうこと? こういうこと?と連呼してばかりの記事がうっかり検索に引っかかってしまうのはちと気がひける。

 

などと考えたものの、結局「ままよ!」と直感で決めたのがScrapbox

合わなかったらまた考えよー。と居場所を決めたのですが、思いの外……いや、想像以上によかった。

 

書いたコードを残すだけではなく、初心者ならではの疑問もいっしょに書き残しています。

日をまたいだことは日付にしたハッシュタグで残しておけるし、自分がどのような経過を踏んだか、を何回も確認しながら改めて追記していきます。

頭の中だけでこういうこと?と考えるよりも、こういうこと? を生の言葉で書きなぐる。これは学ぶうえで大事なんじゃないか。と思った次第。別に間違っててもいいし。あとから追記するし。という気楽さがあります。

たとえばこんな感じ。めちゃくちゃですが。

 

テキストファイルにメモを残した時よりも、「前になにやったんだっけなーうふふー」と参照することが多い。そして具体的になぜかはうまく説明できないが、参照しやすい。おそらくページとページが紐づくリンクがゆえ。やったことを死蔵しない。

 

疑問書いたからあとでここ読んで答えておくれ!とオットへ乱暴にページを送りつけやすい。

 

帰ってきたオットをつかまえて質問責めにしたのち彼が突然見解を話しはじめたら「ちょっと待って!」とPorterを立ち上げて該当するページに即メモを取りはじめられる。パソコンを立ち上げるまで待ってもらわなくていい。

 

家事をしていて「はっ! もしや、こういうことなのでは……」と思った途端即該当のページにメモれる。

 

要するに、自分の勉強とサービスとの相性がとてもよかった。

 

即メモをする、という行動を育むのは思っているよりも難しいことです。

それは習慣による、と思っていたのですが上記の行動により、ツールと自分の相性もすごく大きいと感じました。

 

いままではなんとなーく保存場所としてのみ捉えていたScrapboxですが、こういったころころ移り変わったり行きつ戻りつする断片を即時記録したり追記したり、それとつながるものを改めて読み返したり……ということに対して非常に強力だな、と感じた次第。

それはScrapbox の力でもありますし、スマホメインでアクセスするわたしにとってはPorterというアプリの力でもあります。

Porter for Scrapbox

Porter for Scrapbox

  • shunsuke senoo
  • 仕事効率化
  • 無料