仮庵

書きとめる仮住まい

日記帳に使う、書き文字日付

日記と呼ぶべきか、雑記と呼ぶべきか。いまだ定まらない『帳』に日々なにかと書きつけている。どうもしっくりこないのだが、便宜上「日記帳」と呼んでいる。

 

自らが書くのも好きであるが、他人が書いた文字や絵を見るのも好きである。

一枚でも綴られていてもかまわない。紙になにか書かれているのをみれば胸ときめく。いつまでも見ておれる。

 

Instagramを訪れ、#手帳、#日記帳などと検索すれば、ていねいに装飾された帳面がずらりと並ぶ。かがやいている。

 

しかし自分の帳面は基本、「単色!文字でみっちり!」である。わたしの右手にオトメゴコロさえ宿っていればああいったこともできたかもしれないが、全身がオトコマエ路線である。

むかし、試しにマネをしてみたこともあるが、なんだかまぶしすぎて「なんか……自分らしくない」とふたつくらいの意味で残念な気持ちになった。

 

いやしかし、我がオトメゴコロも胸の中心にBB弾ほどには残っているから他人の帳面を見て「カワイイー!ステキー!」ってなるのではないか。消えぬようになにかをくべてやらねばならぬ。

 

それで一日に一回、日付を書き記すときだけはかわいさを求める事にした。オトメゴコロが暴発して予期せぬエラーを起こさぬために。

(何歳になっても年相応にオトメゴコロは処理してあげたほうが毎日楽しく過ごせると思う。過剰もいかんが少なすぎるのもよくないんである。真顔)

 

昨晩、歯磨きの暇つぶしにいろいろ書いていたのでアップしてみることにした。

 

文房具・ノートラブ! の想いによってオトメゴコロを満足させられるというのに、書いたら「無骨……!」で眼前と胸のときめきとにギャップとジレンマがあるものの、ページ全部を装飾するのは躊躇する、切ったり貼ったりもめんどうくさいわたしのような方は、日付だけでも装飾するのはいかがだろうか。(提案先がせまい)

 

ワンポイントだけでもかわいさがあればちらっと見たときにふっと嬉しくなれるはず。

 

ポイントは、基本的に鉛筆orシャープペンシル一本で済ませる。というところ。楽だから。

合理性とこれならまあかわいいと言えるだろのギリギリを攻めてみた。

 

書き文字日付の役に立つ点をあげると、日付を他の文字よりも目立たせることになり埋もれないためタイムラインが見やすくなる。

 

わたしはコレだけでまいにち満足できている。

 

f:id:kariio:20180515123618j:image