仮庵

書きとめる仮住まい

あくとり名人、隠し味担当

今年は何度もこどもにカレーを作ってもらっている。同じ材料、条件で作っているというのに家の中で一番うまいカレーを作る。親バカ補正があんまりないので、観察していた結論から言うとたぶん(ビビりながらの)炒め方がていねいだからだとおもう。母はおおざっぱだ。

 

わたしの具合がとっても悪くても、食事はさせねばならぬ。腹はへるのだ。

「……母ちゃんはもうダメだ。きみ、カレーを作らんかね」

「いいよー!!」

いちおう、危険がないかの監視をしつつ全部こどもに作ってもらったこともある。

ビビりがゆえの慎重さのおかげで無事やりおえる。

 

身支度が自分でできるようになった頃だっただろうか。

母がいつまで生きているかなんてわからぬのだから、ある程度生活するに必要なことを少しずつでも教えておかねばならぬと思うようになった。

(これをリアル世界で発言すると、若干みなさんの顔がひきつる)

 

教えるといっても、勉強させるように教えるのではなく「みんなー!! ごはんが、作りたいかーー!」「いえーーい!!」みたいなノリ。

 

段階を経て、ひとりでできる?・できるんだ!・たのしい。という土壌はできたようだ。これでひとまずオッケー。

 

「米を炊かぬか」「え!?いいの?やるやるー!」

しめしめ。

 

米の洗い方・炊き方。カレーの作り方(これは応用すれば野菜炒めにも他の煮込み料理にもなるだろう)まで終わった。ほかのものが食べたければ、家にある料理の基礎本でもインターネットでも調べるとよい。

そして、母ちゃんは、たいていのものは自分で作って食べていたという経験だけ覚えておいてくれればそれでよい。

 

あとはエクストラステージで、洗濯・繕い物・掃除。「こういうことも自分でできる」ということを見せておけば、なんとかなろう。なんとかしてくれ。

 

あ、なんで卵焼きとかじゃなく、カレーなのか。というと、わたしの好物だから。ケケケ。

それに卵焼きって、最初の一歩目として登場するけど、難しいと思うんだな。カレーなら煮てルーを入れてしまえばなんとかなる。

 

さて、これから「あくとり名人!登場!」「かくし味、担当!」と勇ましい子どもが作ってくれたカレーを食べるのでありますよ。

広告を非表示にする