仮庵

書きとめる仮住まい

踊る。

独りになって、自分を人間にする時間が必要だ。

外向的だとか、肝っ玉母さんだとかに見られるが、いよいよ時間が足りずに体調もろとも気持ちも崩れた。寝る前に一編読むとかでは足りなかった。

オット以外には理解されそうにもないので貧血で通してあるが(貧血ではある)、どちらかというと人間のかたちでいられなくなったのだと横になりながら思う。

誰とも喋りたくないし、誰かのまわりにザワザワしているものも見たくない。


いまよりもっと、人にたくさん会っていたむかしの自分が、どうやってかたちを維持していたのかと思い出してみると、夜の外気をよおく吸い込んでドコドコと音楽を聴いていたから、生きていられたんだなと気がつく。


夕方に、子どもと二人で大声でスーダラ節を歌って、芋づる式に動画をたどっていったら、なぜかここにたどりついて、踊らずにおれなかった。踊ったら元気が出た。

我が子がたまに引きこもるとき、iPodとヘッドホンを装着して無音で踊り狂っているのを楽しく見ていたが、その意味がよーーくわかった。

元気のないときは、踊ってみようと思う。

広告を非表示にする