仮庵

書きとめる仮住まい

信頼

「あたまがいたいから、やすみたい」
「ほう。ならば病院行くか」
「いたいのなくなった」
「ウソか」
「ウソだった。へへへ……」
「あのさ、母ちゃんはあんたの言ってることは全部本当だと思っているからね」
「そうなの?」
「そらあそうださ。信頼してるもん」
「しんらいしてるの?」
「信頼してる。現時点において信頼しないという理由がない。だからあんたが母ちゃんに対してウソつくとは思ってない。だから言ってることは全面的に信頼してる。全部本当だと思ってる」
「うん」
「ただなあ、もう少し大きくなるとさ、親にウソつきたくなるときも出てくるからさ、むずかしい話ではあるわ。いろいろあるのよ」
「ウソつかないもん」
「ほお。そうか」
「だって、かあちゃんのことすきだもん」
「そっか。ありがと」


「そっかーしんらいしてるのかー」

広告を非表示にする