仮庵

書きとめる仮住まい

カッコ()

久しぶりに、ガツンと頭に衝撃が走った。

なにかを子どもにきかれ、説明すると、
「あー。そうかー」
と言うが、
「この説明で、わかったかしら?」
と言うと
「わからない」
という。

わたしはこれがふしぎでしかたがなかった。
いったい、これはどういうことなんだろう? と思っていた。

納得しているようなのだけれど「わからない」。
これはいったいどういうことか。

わたしの説明不足かしら? ちょっと難しいことばが多かったかしら? と説明を重ねると「はなしながい」と言われる。


先日、チームとはなにか。ということを説明をしたとき
「あー!! そっかーー!!」とすごく目からうろことばかりの反応だったのに
「わかった?」
と聞くと
「わからない」と返された。

ここで、わたしはやっと子どもの「わからない」の中身が見えた。
「(自分で実証or経験していないから、まだ)わからない」なのだと。

わたしも「わかった」ではなく
「(意味)わかった?」と聞いているから、ズレが生じていたのである。


わたしも「子どもが説明だけではなく、実証or経験を伴わないとわかったとは言わない」なんて思っていなかった。すごく甘かった。


あるごくごく当たり前だと思っていることを、コアイメージを省いてことばにしたら、お互い全然違うことを言っているように思えて、話が盛り上がりすぎることがオットとはよくある。

なにか違和感があるとわかった段階で「なんか違わない?」とお互いのコアイメージを机上に出したら「あー!!もともとが違う!!」と笑いあったこともあったし「言ってることは同じなのにそこまでの考え方のプロセスが違う!」ということもある。

それがわかってきたので(約10年かかった)、場合によってはお互いに理解できるまで抽象化して話した方がよいときもある。

そちらには注意をはらっていたが、いよいよ子どもにもカッコがあることを、母は気付いちゃったのである。

子どもが寝た後「衝撃的すぎた」としばらく考え込んでいたら「そんなにショック受けないで〜」とオットに言われたが、ショックを受けたというよりは、感動に近い。
目に見えないことばに、カッコ書きが見えた!! という発見だったのだもの。

広告を非表示にする