読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮庵

書きとめる仮住まい

だれかとわたしのある日の編み物

編み物をしていると、ときどき「ちょーテクニカル」な編み方に出会うことがある。

一見しただけではなんのこっちゃわからずYouTube、国内外のブログでわかりやすいものを探し当てて一目一目慎重にぎこちなく編む。

できるようになると、一息おいてから「ほおお。よくこれを思いついたよなあ。考えた人はすごいなあ」と毎回思う。そして、感慨深い。

編み物の歴史を紐解いたことも、そのような文献をひらいたこともないので本当のところはわからないけれど、これはもしかしたら誰かの遊びの中からうまれたものなのかもしれない、こんなに柔軟で楽しそうな編み方はしかめっつらや徹夜では出てこず、遊び心がないととても思いつかなそうだ。と考えはじめる。

そんなことを考えているうちにわたしはどこか遠くの昔々にいたおばあさんを遠くからみている。

もちろんおばあさんとはかぎらないのだけど、昔見た路上にイスをおいて編み物をしているヨーロッパのおばあさんの写真が印象的だったからそのようなイメージだ。

家の中では手元が暗くてよく編み目が見えないから、昼間のうちに外で編み物をしているおばあさん。仕事で編んでいたのかもしれないし、家族のために編んでいたのかもしれない。そのうちにいままで誰もやったことのない編み方を試してみることになる。

単純に好奇心だったのかはわからない。美しいものをみたかったのかもしれない。きっと、誰かをよろこばせようしたんじゃないのかなあ、なんて楽観的すぎるとはいえ、のほほんと思う。

どこかの博物館に保存されている何世紀も前の手編みの靴下を本で見たことがあるけれど、あれも誰かのために何かの思いを抱きながら編まれたのだ。

またもやほんとうのところはわからないけれど、どこそこの伝統的な靴下とか、とてつもなく複雑な模様とかをみるとシリアスさよりも誰かの楽しさみたいなものをわたしは感じる。

身体的な豊かさはあったかどうかわからないけれど、気持ちの豊かさはその生活の中に見いだした、楽しさや思いの中にあったかもしれない。

誰かがやってみたテクニカルな技法はその人の生活の中から生まれ2016年日本にいるわたしに伝わり、いまも編まれている。

広告を非表示にする