読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮庵

書きとめる仮住まい

舞台裏

あまり舞台裏をあかしたくない人もいるだろうけれど、わたしはものづくりの舞台裏がすきだ。

考えている様子で手を動かしていく。その人の頭の中がどんどん表現されていく。

拍手したくなる時もあるし、飛び跳ねたい気持ちになることもあるし、全力でダッシュしたくなることもあるし、想像できないまなざしを知って自分の才能のなさに絶望して悔しくなる時もあるけれど、みている時は前のめり気味になってワクワクする。

これはものづくりに限ったことではない。
それぞれの生活で、ほかの人の目にはうつらないその人のみたもの、考えたもの。そういうことが書かれたその人の舞台裏みたいなものもすきだ。

広告を非表示にする