仮庵

書きとめる仮住まい

洗い米

2017/01/20 UPDATE

土井善晴さん公式の「洗い米」動画がアップされていました。洗い方、水加減がたいへん参考になります。

この記事を書いてからわたしの炊飯の仕方もだいぶ変わりしました。いずれ、記事にしたいと思います。

以下、今までの記事です。

最近、ご飯を炊くときはもっぱら「洗い米」で炊いています。
安い米でも米粒がたち、炊きたてはもちろん冷めた後もおいしくいただけるので驚きです。

やり方は基本上記ツイートの通り。

米を洗ったあとザルにあげておきますが、表面は乾いていても底のほうが湿っていることが多いので、水切りのあいだに一度ザルを振って米をひっくり返し水分が均等に行き渡るようにします。

冷蔵庫で保管する場合、我が家ではポリ袋のかわりにジップロックに入れ、均等にならして冷蔵庫へ。

あいた時間や寝る前にしたくをすませてしまえば、翌朝起き出してすぐに水加減をし「早炊きモード」を使って30分でおいしいご飯が炊けます。
浸水はしません。

経験上、水加減はふつうにお米を炊くときとおなじで大丈夫でした。

いざ炊く段となったときに米粒をみるのが楽しみだったりします。
水を含んでぷっくりふくらんでおり、これからおいしいご飯になるのだろうと思うと嬉しい気持ちになれます。

我が家では1日1回しかお米を炊かない。要するに朝炊いたものを夜にも食べます。
以前は温めなおしたご飯が好きではなかったのですが、洗い米にしてからはまったく気にならず。

一番いいのは、炊きたてをすぐに冷凍してしまうことなんですけどね。
朝の準備でバタバタしていて後回しにしているあいだに冷めていること多々。

広告を非表示にする