仮庵

書きとめる仮住まい

生活

地味でもひかりを発見する日々を。

この記事を読んだ。劇的は遠回りで、地味は近道。 - 日々の食卓から 地味が近道で、いい、ってことは案外たくさんあるはず。 自分のごはん作りにしろ、子供の成長にしろ、日々積み重ねることというのはとても地味だ。 自分が得たいスキルを取得するまでの道…

編み物と情報カード

わたしは靴下ばかり編む人……ソックニッタークラスタです。クラスタと言ってみたかっただけです。 最近、靴下の編み図の管理をノートからカードに変更してみました。 テキスト形式の編み図について 靴下の編み方を覚えた場所が海外のサイトだったので、日本で…

へんなゆめと、情報過多

新学期が始まってから、子どもが「へんなゆめみる」と言うことが多くなりました。へんなゆめを見るときは、寝る前に母ちゃんがお腹からゆめを吸って戸外に吐き捨てるのが効果的だったのですが、今回は効果がない様子。 はて。日中なにかあっただろうか? と…

感情的に怒らないために

子どもに「あ、怒ってもダメだ」と気づいたのは、そう昔のことではありません。 どうしても意見が対立し、平行線も1時間続くと怒ってしまうことがありました。 この怒るは「感情的に」の方です。スジが通っていない方。 感情的に怒ったところ、なぜ怒ったの…

母として機嫌よくいるために 自分の観察記録をする

一時期、自分の観察記録を残していました。 はじめたの理由は、 イライラしてしまうけれど、なぜ自分がイライラしているかがわからず、ちょっとしたことで怒ってしまうことへの罪悪感と自分への憤りからでした。 なんとかしないとなあ。と思い、手探りではじ…

ふきんざぶざぶ

家事のことをなにも知らなかったわたしが、独立してしばらく悩んだのはふきんの取り扱いでした。 すすぐだけというのも、洗濯機で洗うというのも、消毒になるのかという点で疑問がわくのですが、どうすればよいのか想像がつきませんでした。 しばらく考えた…

お弁当一年間

昨年から、子どもがお弁当をもって登園するようになりました。 1年前のわたしは、お弁当を作ったことがありませんでしたし、そのうえ早起きは大の苦手。 なんとかなるだろうとは思いつつ、早起きの点に関してはなんとも憂うつ。 そこで設けた目標は「15分く…

母として機嫌よくいるために - 眠る前に本を読む

ばたばたと用事に追われる日も、疲れていたとしても調子が悪くてもこなさなければならない生活上のルーチン。 子どもと1日の大半を過ごし、寝かしつけをおえて静寂のある時間になります。 そのうちオットが帰宅し会話をして、寝る前の準備に。 まとまった気…